木津川市で注文住宅を建てたい方へ 間取りの打ち合わせの注意点とは?

株式会社 KOSEI

0120-164-840

〒619-0202 京都府木津川市山城町平尾三所塚77番地3

営業時間:8:30~18:00

lv

木津川市で注文住宅を建てたい方へ 間取りの打ち合わせの注意点とは?

新築のこと

2019/01/07 木津川市で注文住宅を建てたい方へ 間取りの打ち合わせの注意点とは?

 

「注文住宅を建てるけどどうすればいいんだろう」
このような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。
注文住宅の建築をするにあたって、最初に行うことは建築会社側との打ち合わせです。
そこで今回は、間取りを決める打ち合わせの注意点をご紹介します。

 

□打ち合わせのコツ

*会社側の話をよく聞く

最初に、自分が建てたい家を話してしまいたくなるかもしれませんが、まずは住宅会社の話をよく聞いてみることが大切です。
そうすることで、その会社のこだわりや得意分野を把握することができます。
例えば、自分の話に合わせて「そういった家造りは当社で可能です」と言われたとします。
しかし、実はあまりそういった造り方に実績が無い場合、満足できる家を建ててもらえないことがあります。

*デメリットを聞く

自分の希望と会社側の提案が異なるときは、希望通りにした場合のデメリットを積極的に尋ねるようにしましょう。
間取りは最終的には依頼主側に決定権があるため、なんらかの理由があって別の提案を行っていても、会社側は強く言えないことがあります。

*時間をかける

早く工事に着手してほしいと思っても打ち合わせにはなるべく長く時間を割くようにしましょう。
この時間を短くしてしまい、できあがった家がイメージと異なっていたという事例も少なくありません。
ある程度、日程と時間を空けておくようにしましょう。
このときにメモをしておくと重要な話を忘れることがありませんし、後でわからなかったことも質問しやすくなります。

*複数の会社を比較

見積書をいくつかの会社から取り寄せ、費用やプランを比較します。
同じような内容にもかかわらず費用に差があるときは、サービス面など何らかのこだわりがあることが多いです。
自分にあった会社を見つけましょう。

*イメージを共有する

基本的に、平面図を用いて打ち合わせは行われます。
したがって。イメージがしにくいことが多いため、施工終了後に会社側と依頼主の間で異なった認識を持っていたことが判明することが度々あります。
少しでもわかりにくいと感じたときには、写真の提示や絵を描いてもらって説明してもらうように依頼してみましょう。
施工が始まってからこの認識の違いに気付くと、施工期間の延長や追加料金が発生してしまうこともあります。
また、場合によっては修正自体ができないこともあるので注意が必要です。

 

□まとめ

今回は、間取りを決める打ち合わせの注意点をご紹介しました。
注文住宅では依頼主の要望によって住宅の雰囲気も構造も大きく異なります。
したがって、それを決定するための間取りの打ち合わせはとても大切な過程の一つです。
時間をかけて納得のいく内容で、理想の家を建てましょう。

 

*****************

注文住宅・分譲住宅・不動産売買・中古住宅・賃貸・仲介なら
KOSEI本社へ

リフォーム・リノベーションのことなら
州見台リフォーム営業所へ

TOP