木津川市の注文住宅業者がお教えします!失敗しない間取りのコツとは?

株式会社 KOSEI

0120-164-840

〒619-0202 京都府木津川市山城町平尾三所塚77番地3

営業時間:8:30~18:00

lv

木津川市の注文住宅業者がお教えします!失敗しない間取りのコツとは?

新築のこと

2019/01/15 木津川市の注文住宅業者がお教えします!失敗しない間取りのコツとは?

注文住宅は自分の好みを大きく反映できるため、特に失敗はしたくないですよね。
しかし、失敗しないために具体的にどのようなことに気をつければよいのかよくわからない方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、注文住宅で間取りを決める際、失敗しないコツについてご紹介します。

 

□間取りで失敗しないコツ

*日当たり

長時間過ごす部屋は日当たりのよい位置に、反対に、水回りはあまりよくない位置に配置します。
一般的に日当たりがよいといわれている方角が立地環境によってはあまりよくないこともあるため、依頼する業者と相談しながら決めましょう。

*風通し

風は基本的にその通り道がないと入ってくることが難しいです。
したがって、まず1部屋に2か所以上の窓を取り付け、風の出入りがしやすいようにしましょう。
また、窓の高さを考慮することも大切です。
高い位置にあると温度が高い空気を外に逃しやすく、低い位置の場合は冷たい空気を取り込みやすいです。
家を建てる土地の季節ごとの環境によって上手く使い分けてみましょう。
他にも、窓を設置する場所によっては近隣の視線を強く感じてしまうこともあるので、気をつけた方がいいかもしれません。

*生活動線

家族の生活動線を意識した間取りは住みやすい住宅と言っても過言ではありません。
基準となる部屋を一つ決め、そこからなるべく短く簡単に移動できる動線を考えて間取りを行いましょう。
特に、家事を行う人の動線はしっかりと把握することをおすすめします。
例えば、洗濯機を置いている場所から洗濯物を干す場所までの距離を短くできると、時間や労力を削減でき、効率的です。
他にも、来客者の動きとお手洗いを使用するときの動きを考慮し、この二つの動線がなるべく交わらないようにすることで、プライバシーに配慮することもできます。

*収納

生活する上で、物は気付かないうちに次第に増えていってしまいます。
これらを片づける場所がないと、家の中は物であふれかえってしまうため、間取りを考えるときに収納のことも考えることは今後その家で生活していく上で必要なことです。
しかし、収納できる量が多ければよいのかと言えばそうとも言えず、場所も重視することが大切です。
例えば、よく出し入れするものであれば手が届きにくい高さにあるような収納場所はとても不便ですよね。

 

□まとめ

今回は、注文住宅で間取りを決める際、失敗しないコツについてご紹介しました。
住宅は建てて終わりのものではありません。
今後何年、何十年と生活していく場所になります。
したがって注文住宅の間取りを考えるときも、建てたその時点でのデザイン性だけでなく、今後生活していく上での利便性も考える必要があります。
住宅を建てて住み始めてから何年経過しても、「失敗した」なんて思わない住宅を建てることが大切です。

 

 

*****************

注文住宅・分譲住宅・不動産売買・中古住宅・賃貸・仲介なら
KOSEI本社へ

リフォーム・リノベーションのことなら
州見台リフォーム営業所へ

TOP