木津川住まいの方へ!リフォームと新築ってどっちがいいの?

株式会社 KOSEI

0120-164-840

〒619-0202 京都府木津川市山城町平尾三所塚77番地3

営業時間:8:30~18:00

lv

木津川住まいの方へ!リフォームと新築ってどっちがいいの?

リフォーム

2019/01/03 木津川住まいの方へ!リフォームと新築ってどっちがいいの?

 

中古住宅をリフォームするのは新築を購入するのではどちらがいいのか、悩んでいませんか?
家を建てるとなると、リフォームにした方がいいのか、それとも新築にして立て直すか迷いどころですよね。
今回はそんな方に向けて、価格、安全性、自由度の3つの観点から説明して比較していきたいと思います。

 

□価格

多くの人が新築とリフォームで一番悩むのが価格面だと思います。
一般的な相場を上げていくと、リフォームは約300〜2,000万円、新築ですと、約1,000〜4,000万円になります。
ただしこれは内容によって異なります。
あくまで目安ですので参考程度に見てください。
やはり、リフォームの方が今あるものから修繕していくスタイルになるので費用の面では抑えられます。
新築ですと、引越し費用を始め、解体費などの諸費用もあるのでそんなあたりも考えておく必要があります。

□安全性

次に安全性について比較しながら説明していきます。
安全性については、耐震性の面から話していきたいと思います。

*耐震性

耐震性の面では、やはり新築の方が一から作るので最新の建築技術で行うので、新築の方が耐震性は強いと言えます。
もちろんリフォームでも部分的に壁を直す、柱の強度を高めるといったように安全性をある程度まで高めることはできます。
ただ、全体としてのバランスなどを考えた場合に、一から作る新築よりは安全性が必ずしも向上するとは言えない場合もあるので、注意する必要があります。

 

□自由度

次に自由度について話していきたいと思います。
新築は、一から作ります。
そのため、リフォームに比べて間取り、外観のデザインなどを自分たちで決めることができ、自由度があると言えます。
一方、リフォームだと、すでにあるものから部分的にリノベーションをしていくため、このデザインがいいのに、今ある構造だと難しいと言ったケースが出る可能性があります。

 

□まとめ

今回は、価格、安全性、自由度の3つの視点から、リフォームと新築の違いを説明していきましたがいかがでしたでしょうか?
どちらも良い面、悪い面がそれぞれあります。
自分の求めている理想の住宅を建てるためには、何を重視すべきなのか、自分たちにとって良い住宅とは何なのかという点をご家族で話し合い、見極めながら考えていくことが必要になってきます。
株式会社KOSEIでは新築とリフォームをお考え方の方の相談も受け付けています。
もし、お悩みの方や詳しく聞きたい方がいらっしゃいましたら気軽にご相談してください。

 

*****************

注文住宅・分譲住宅・不動産売買・中古住宅・賃貸・仲介なら
KOSEI本社へ

リフォーム・リノベーションのことなら
州見台リフォーム営業所へ

TOP