木津川市に注文住宅を建てる!木造と鉄骨どっちがいい?

株式会社 KOSEI

0120-164-840

〒619-0202 京都府木津川市山城町平尾三所塚77番地3

営業時間:8:30~18:00

lv

木津川市に注文住宅を建てる!木造と鉄骨どっちがいい?

新築のこと

2019/04/08 木津川市に注文住宅を建てる!木造と鉄骨どっちがいい?

 

注文住宅を頼む際に木造にするか鉄骨にするか、どちらがいいのか詳しく知りたい方もいるのではないでしょうか。
今回は、木造住宅、鉄骨住宅のメリットについて、ご紹介いたします。

 

□木造住宅とは

日本の半分以上の家が木造住宅です。
木造住宅の中でも、日本の伝統的な工法である「木造軸組工法」、使われる製剤の断面サイズから名づけられた「2×4(ツーバイフォー)工法」があります。

 

□木造住宅のメリット

*コストがかからない

他の造りだと、断熱性や吸湿性が低く断熱材にコストがかかってしまいます。
また、木造の建物は軽く基礎の打ち方あるいは杭などの地盤改良が必要でも、低コストで済ませることができます。

 

*間取りを自由に組みやすい

先ほどの「木造軸組工法」だと、間取りを自由に組みやすくなります。
この方法は昔から使われているため実績があり、中古住宅のリノベーションや増改築に容易に対応できます。

 

*人にやさしい

木は生き物にリラックス効果をもたらし、安心感を与えてくれます。
これは、人が古くから木材に囲まれた生活を送ってきたため、本能的に木があると落ち着くためです。

 

□鉄骨住宅とは

鉄骨を構造体としているため、耐震性に優れた住宅です。
一般住宅でよく使われる、厚みが6ミリ未満の「軽量鉄骨」と、ビルや工業施設で使われる厚みが6ミリ以上の「重量鉄骨」の2種類があります。

 

□鉄骨住宅のメリット

*空間や窓を大きくできる

「なるべく壁や柱を減らして大空間にしたい」、「天井までの大きな窓をたくさん並べたい」などの要望に応えられます。

 

*品質が安定している

完全に工場で製作されるため、どんな資材でも品質を維持することができます。

 

*耐震性、耐久性に強い

木材に比べて腐食しづらいため、強い状態を保つことができます。
そのため、安心して長い間住むことができます。
しかし最近の木造住宅も研究が重ねられ、耐震性、耐久性において、それを補填するほどの技術が十分に培われてきています。

 

□まとめ

今回は、木造住宅と鉄骨住宅のそれぞれのメリットを紹介しました。
木造住宅は、やはり人をリラックスさせ、安心感を与える効果があるのがずっと愛され続ける理由です。
仕事で疲れた時に家でリラックスできたら、毎日が過ごしやすくなるのではないでしょうか。
さらに、鉄骨住宅に比べて断熱性にも優れており、「夏は涼しく、冬は暖かい」心地よい家づくりを可能にします。
家づくりで迷ったら、ぜひ一度、木造の家をご検討ください。

 

*****************

注文住宅・分譲住宅・不動産売買・中古住宅・賃貸・仲介なら
KOSEI本社へ

リフォーム・リノベーションのことなら
州見台リフォーム営業所へ

TOP