シニア向けのリフォームとは?|木津川市の住宅会社が解説

株式会社 KOSEI

0120-164-840

〒619-0202 京都府木津川市山城町平尾三所塚77番地3

営業時間:8:30~18:00

lv

シニア向けのリフォームとは?|木津川市の住宅会社が解説

リフォーム

2019/05/13 シニア向けのリフォームとは?|木津川市の住宅会社が解説

 

「高齢になる両親のために家をリフォームしたい」
「介護することも考えて、より使いやすい家にしてあげたい」

高齢になるご両親をお持ちの方には、このようにお考えの方がいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、シニア向けのリフォームについて、どのような種類があるのかご存知でない方も多いでしょう。
そこで今回は、シニア向けのリフォームについて、その特徴をご紹介します。

□シニア向けリフォームの種類

シニア向けリフォームにはいくつかの種類があります。
それぞれの施工事例と合わせて解説します。

*バリアフリーリフォーム

これは、高齢の方にとっては危険な場所や狭い場所、事故の起こりそうな場所をリフォームすることを言います。
施工事例として、トイレや階段に手すりを設ける、ドアを引き戸にして開けやすくするなどがあります。
また、車いすで入っても不都合がないように段差をなくしたり、スペースを広く開けたりすることなどもこのリフォームに含まれます。

*介護用リフォーム

将来的に自宅での介護をお考えの場合には、二世帯住宅にするために部屋を増築するリフォームや、二階建ての家を平屋にするなどの施工事例があります。
ご両親が高齢の場合、ご両親とあなた自身のパーソナルスペースを確保することも必要でしょう。
バリアフリーリフォームとは異なり、家全体のリフォームとなります。

*経年部分のリフォーム

長年住み続けた家は、お風呂やキッチンなどの水回りを中心に様々な設備が傷んでいるかもしれません。
お風呂のタイルが壊れた、水が勢いよく出ないなど、放っておくと不便な設備をリフォームします。
トイレやキッチン、浴槽などの水回りは傷みやすいため、施工事例がとても多いです。

*電気代節約のためのリフォーム

暖房器具などは、古い設備のままだと余計な暖房代がかかってしまうことがあります。
そこで、電気設備や給湯器を新しいものに変えると、電気代の節約になり、負担を減らすことができるでしょう。

□まとめ

以上、シニア向けのリフォームについてご紹介しました。
ご高齢の方が住みやすいように工夫することはもちろん、皆さん自身やお孫さんまで、全員が快適に住めるようにリフォームすることが大切です。
どこをリフォームするか悩んでいる方は、家の問題点をリストアップし、必要に応じて生活空間をリフォームすることで経済的な負担を減らせます。
また、複数の業者に相談し、見積もりをしてもらうとよいでしょう。

当社はリフォームの相談も受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。

 

*****************

注文住宅・分譲住宅・不動産売買・中古住宅・賃貸・仲介なら
KOSEI本社へ

リフォーム・リノベーションのことなら
州見台リフォーム営業所へ

TOP