木津川市在住の方へ!バリアフリーリフォームはここを抑えるべき!

株式会社 KOSEI

0120-164-840

〒619-0202 京都府木津川市山城町平尾三所塚77番地3

営業時間:8:30~18:00

lv

木津川市在住の方へ!バリアフリーリフォームはここを抑えるべき!

リフォーム

2019/06/12 木津川市在住の方へ!バリアフリーリフォームはここを抑えるべき!

年齢を重ねていくと、体の自由が利かなくなります。
そうなると、暮らしやすい環境に身を置きたくなりますよね。
老後は家を売り払って、バリアフリーのマンションに移り住むという方もいます。
しかし、長く住んできた家でこれからも過ごしたいと思いませんか?
バリアフリーリフォームについて、一度考えてみはいかがでしょう。
車椅子生活の方を介護している人にとっては、リフォームすることで自身もより楽な生活を送ることができます。
そこで今回は、バリアフリーリフォームの内容について解説します。

 

□バリアフリーリフォームについて

リフォームというと大がかりなものを想像しがちですが、身構える必要はありません。
家の中を確認し、今後障害になりそうなところを確認しましょう。
ドアの開閉、床の滑りやすさ、玄関などの段差、トイレの使いやすさ、照明器具などは特に注意しましょう。
ここでは、リフォームの具体的な例を挙げていきます。

 

*ドア

ドアには引き戸、開き戸、中折れ戸の3種類があります。
車椅子を利用している方にとっては、種類次第で移動しにくいことがあります。
それぞれ特徴があるので、相談して決めましょう。
取っ手もレバー式にすることで、楽に開閉できます。

 

*手すり

手すりを取り付けるのは、けが防止に役立ちます。
階段や玄関先はもちろん、トイレにも設置することをおすすめします。
高齢者や体が不自由な人にとって、トイレを手伝われるのは不快に思うケースがあるからです。
ある程度の重さに耐えられる強度にして、高さも掴みやすいところを選びましょう。

 

*浴室

入浴後に浴室から上がると、急に寒くなることがありますよね。
今は大丈夫でも、ヒートショックを起こす可能性があります。
急な温度変化によって血圧が大きく上がると、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こします。
事前に防ぐため、浴室には暖房を備え付けましょう。
浴室と寝室の距離は、なるべく近くに付けたいですね。
浴槽内、または近くに手すりがあると転ぶ心配も減ります。

 

*段差

高齢者の方が自宅で転倒することは、非常に多いです。
早めに対策をして、少しでも負担を減らすことが大切です。
式台を置くだけで、大きな段差も歩きやすくなります。
車椅子を利用する方は、スロープを付けることも視野に入れてみましょう。

 

□国の補助制度がある?

バリアフリー住宅には、バリアフリー補助金をはじめとした優遇制度があります。
それぞれ支給される対象者がいますが、うまく利用したいところです。
自治体ごとに支援している地域もあるので、一度確認してみてください。

 

□まとめ

今回はバリアフリーリフォームの内容について解説しました。
介護が必要になってから、体が不自由になってからリフォームするのでは時期が遅いと言えます。
高齢になってからでは経済的負担が大きく、他の問題が出てくる可能性があります。
将来を見据えて早いうちから考えてみてください。

 

 

*****************

注文住宅・分譲住宅・不動産売買・中古住宅・賃貸・仲介なら
KOSEI本社へ

リフォーム・リノベーションのことなら
州見台リフォーム営業所へ

TOP