木津川市の注文住宅で光熱費が安い家の特徴とは?

株式会社 KOSEI

0120-164-840

〒619-0202 京都府木津川市山城町平尾三所塚77番地3

営業時間:8:30~18:00

lv

木津川市の注文住宅で光熱費が安い家の特徴とは?

新築のこと

2019/05/31 木津川市の注文住宅で光熱費が安い家の特徴とは?

 

注文住宅を考えるときは、生活費のことも気にする必要があります。
最近は光熱費プラン見直しの宣伝をよく耳にしますよね。
しかし、「情報量が多すぎてどこから手を付ければいいのか…」なんて声も多いです。
どうすればいいのか、少しでも分かれば家づくりに役立ちます。
そこで、今回は光熱費が安い家の特徴について解説します。

 

□オール電化契約

光熱費の見直しというと、よくこの言葉を耳にします。
プロパンガスの場合、ガス代と電気代の基本使用料を支払う必要があります。
一方、オール電化にはガスの基本料が免除されます。
電気代は夜間に安く、昼間に高いのが特徴です。
場所によっては夜間料金が昼間の約1/3や、ガス料金が割高な地域もあります。
昼間は奥さま以外が仕事や学校、という家庭にはいいかもしれませんね。
ライフスタイルがオール電化と合うのであれば、光熱費が格安になります。

 

□太陽光パネル導入

オール電化と非常に相性がいいのが太陽光パネルです。
昼間太陽光パネルで電力をため、夜間に使えば電気代を節約できます。
さらに、余った電力は電力会社に売ることもできます。
初期コストがネックですが、元を取ってからは収益化できるので経済的です。

 

□断熱化

窓の断熱化は初期コストがかからず、気軽にできる光熱費対策です。
断熱シートを付けると、夏の暑さや冬の寒さがを緩和してくれます。
どの家庭にも取り入れたいですね。
床暖房はイニシャルコストがかかりますが、温水式ならオール電化と併用すると光熱費を抑えてくれます。

 

□LED電球を取り付ける

LED電球は寿命が長く、使い続けられるので経済的です。
さらに、蛍光灯と比較したときに年間5000~10000円を節約できます。
長い時間過ごすリビングだけをLEDに変えるだけでも、効果は期待できます。
一方で、重量、コスト、指向性の高さ(光が拡散しにくい)がLEDのデメリットとして挙げられるでしょう。
最近はメーカーの開発によって克服されつつあるので、検討してみてはいかがでしょうか。

 

□まとめ

今回は光熱費が安い家の特徴について解説しました。
オール電化に伴う設備工事費は高くつきますが、10年20年と暮らすのであれば初期費用の回収が可能になります。
注文住宅を建てるときは、その先の人生設計も考えながら光熱費プランを相談しましょう。
絶対にオール電化がお得になるとも言い切れません。
IHキッチンは、プロパンガスよりも割高だからです。
さらには、熱が急に上がり過ぎて調理しづらいという意見もあります。
メリット・デメリットを吟味して、少しでも安い光熱費を実現してください。

 

*****************

注文住宅・分譲住宅・不動産売買・中古住宅・賃貸・仲介なら
KOSEI本社へ

リフォーム・リノベーションのことなら
州見台リフォーム営業所へ

TOP