描いてきた夢がカタチに!記念すべき「上棟」の1日 | 木津川市・注文住宅・リフォーム・KOSEI・コーセーホーム

株式会社 KOSEI

0120-164-840

〒619-0202 京都府木津川市山城町平尾三所塚77番地3

営業時間:8:30~18:00

lv

描いてきた夢がカタチに!記念すべき「上棟」の1日 | 木津川市・注文住宅・リフォーム・KOSEI・コーセーホーム

新築のこと

2019/08/01 描いてきた夢がカタチに!記念すべき「上棟」の1日 | 木津川市・注文住宅・リフォーム・KOSEI・コーセーホーム

こんにちは!株式会社KOSEIの菅沼です。

 

先日から順番にご紹介している家づくりのステップ。

https://koseihome.com/blog/4557/

 

前回は、「地鎮祭」についてお伝えしましたが、地鎮祭を経て基礎工事が済むと、いよいよ「上棟」です。

 

1-1

 

「上棟(棟上げ)」とは、基礎のできた土地のうえに家の骨組みを組み立てていき、屋根の一番上の部材である「棟木」を納めることをさします。

 

そのときに行う儀式が「上棟式」です。

昔は神主様を呼んで正式な儀式を行うことも多かったのですが、最近では塩や酒、米を蒔くだけなど、簡単に済ませるのが主流です。

 

工事が進むと隠れてしまう家の構造部分をご覧になれるのもこの機会。

テクノストラクチャー工法の最大の要となる「テクノビーム」が実際に組み込まれていくのも確認していただけます。

 

1-2

 

上棟の日には、これまで平面でしか見ていなかったものが、どんどん立体になっていきます。

打ち合わせを重ねて考えてきたイメージが実際の形となって、「自分たちの家が建つんだ!」と心から実感される瞬間だと思います。

 

当社では上棟の記念として、お客さまの手で柱に釘を打ちつけていただいたり、棟までのぼって棟木を叩いて納めていただいたりしています。

 

一生に一度の記念すべき1日ですので、お時間の許す限り、ご家族はもちろん、親御さんやご親族もご一緒にお越しください。

記念写真もいっぱい撮ってくださいね!きっと、素敵な思い出になりますよ!

 

次回以降も、どうぞお楽しみに♪

 

TOP