【木津川市で注文住宅をお考えの方】フラット35の流れについて説明します。

株式会社 KOSEI

0120-164-840

〒619-0202 京都府木津川市山城町平尾三所塚77番地3

営業時間:8:30~18:00

lv

【木津川市で注文住宅をお考えの方】フラット35の流れについて説明します。

新築のこと

2019/10/05 【木津川市で注文住宅をお考えの方】フラット35の流れについて説明します。

「フラット35って聞いたことあるけど、どんなものか分からない。」
「フラット35を利用するまでの流れを知りたい。」
このように、フラット35について知りたい方がいらっしゃると思います。
そこで今回は、フラット35について詳しく説明したいと思います。
注文住宅をお考えの方はぜひ参考にして下さい。

 

□フラット35の流れ

 

*借り入れ申請

 

申請書と必要な書類を、フラット35に申し込む金融機関に送ります。
このとき、送った書類の返却はされません。

 

*金融機関の審査

 

審査の際に、書類に不備がある場合、金融機関から連絡が来る場合があります。

 

*審査結果

 

フラット35 に関する審査結果を金融機関が連絡します。
契約締結のために、契約日程や契約に必要な書類などの説明をします。

 

*融資の契約

 

金銭消費貸借契約の締結を金融機関と行います。

 

*資金振込

 

融資金を金融機関が振り込みます。

 

 

□フラット35とは

 

*名前の由来

 

フラット35とは住宅ローンの一つで返済期間が最長35年ということから名付けられました。
そのほかにも、フラット50、フラット20、フラット35sといった種類もあります。
これらも全て、返済期間の長さから由来しています。

 

*フラット35のメリットとデメリット

 

フラット35は、金利が長期固定されます。
この金利は、借り入れ時に決定します。
金利が決定すると金融情勢に左右されることなく、決まったお金を返せば良くなります。
通常は住宅ローンを借りる際には、数10万円の保証料が必要になります。
しかし、フラット35なら保証料が無料で借りられます。
加えて、連帯保証人も必要ありません。
連帯保証人は、もしローンが払えなくなった場合支払いを頼む相手です。
たとえ親戚でも、このような大金の連帯保証人にはなりたくないと思っている場合もあると思います。
こういった理由から、連帯保証人を立てなくて良いことはかなりのメリットです。
しかし、デメリットも存在します。
金融機関が指定している団体信用生命保険に任意で入る必要があることです。
入らなかった場合、債務者が死亡した際に家族に債務が残ってしまうことになります。

 

 

□まとめ

 

今回は、フラット35について詳しく説明しました。
注文住宅をご検討の際はぜひ参考にしてください。
当社では、注文住宅についての質問を随時受け付けています。
専門の担当者がお客様の要望に合わせた最適なプランをご提案します。
ぜひ1度、当社のフォームまでお問い合わせください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

*****************

注文住宅・分譲住宅・不動産売買・中古住宅・賃貸・仲介なら
KOSEI本社へ

リフォーム・リノベーションのことなら
州見台リフォーム営業所へ

TOP