注文住宅を建てるならテクノストラクチャー工法がおすすめ!理由を木津川の業者が解説

株式会社 KOSEI

0120-164-840

〒619-0202 京都府木津川市山城町平尾三所塚77番地3

営業時間:8:30~18:00

lv

注文住宅を建てるならテクノストラクチャー工法がおすすめ!理由を木津川の業者が解説

新築のこと

2020/07/31 注文住宅を建てるならテクノストラクチャー工法がおすすめ!理由を木津川の業者が解説

新しく一戸建て住宅を建てるなら、できるだけ自然災害に強い家が良いですよね。
しかし、何が自然災害に強い家なのかよく分からない、という方も多いと思います。
そこで今回は、テクノストラクチャー工法についてお話しします。
木津川で注文住宅をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

 

□テクノストラクチャー工法とは

new-house-building

 

皆さんは地震に強い建物といえばどんな建物を思いつくでしょうか。
日本古来からあるお寺などはなんとなく強そうなイメージを持ちますよね。
そうなると木造の建物の方が地震に強そうに思えますが、実は必ずしも木造住宅が強いわけではありません。

大きな仏像があることで有名な奈良県の東大寺仏殿は、屋根の重さに耐えるために鉄骨による補強が明治時代に行われています。
なぜこのような補強工事が行われたのでしょうか。
実は木材を仕様した梁は、縦の力には強いのですが横の力に弱いという特徴があります。
そこで木材と鉄骨という素材が組み合わされることになりました。

テクノストラクチャー工法は、災害や時間経過によって劣化しやすい木造の梁を鉄骨を使って補強したテクノビームという梁を用いた家の建て方のことを言います。

 

□テクノストラクチャー工法のメリットとは

では実際テクノストラクチャー工法にはどんなメリットがあるのかについてお話しします。

1つ目に、建築基準法を越えた厳しいチェックを通り過ぎた、安心の強度です。
テクノストラクチャー工法は、建築基準法を上回る実に388ものチェックリストをクリアした工法となっています。
そのため、頑丈な家の基礎を築けるでしょう。

2つ目は、高い耐震性です。
テクノストラクチャー工法は、阪神淡路大震災並みの耐震テストに5回もクリアするほどの耐震性があります。
このため、地震に強い家を建てられるでしょう。

また、テクノストラクチャー工法の梁を務めるテクノビームは、徹底的な結露対策を施しています。
家の結露発生を防げるため、頑丈な家が長期間維持できる家を建てられることも大きなメリットの1つです。
つまり、テクノストラクチャー工法とは徹底的に家を強靭で安全に保つために発明された工法なのです。

 

□まとめ

今回はテクノストラクチャー工法についてお話ししました。
テクノストラクチャー工法とは木材と鉄骨を組み合わせたテクノビームを用いた自然災害に強い家の建て方です。
家を長く安全に維持できる工法と言えるでしょう。
木津川で注文住宅をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

*****************

注文住宅・分譲住宅・不動産売買・中古住宅・賃貸・仲介なら
KOSEI本社へ

リフォーム・リノベーションのことなら
州見台リフォーム営業所へ

TOP