分譲住宅購入にかかる初期費用を木津川の業者が説明します!

株式会社 KOSEI

0120-164-840

〒619-0202 京都府木津川市山城町平尾三所塚77番地3

営業時間:8:30~18:00

lv

分譲住宅購入にかかる初期費用を木津川の業者が説明します!

新築のこと

2020/08/01 分譲住宅購入にかかる初期費用を木津川の業者が説明します!

分譲住宅をお考えの方は、実際購入するにあたってどのくらいの費用がかかるのかよくわからず不安だ、という方も多いのではないでしょうか。
実際住宅を購入する時は、建物そのものの費用の他にもお金がかかります。
今回は物件購入にかかる初期費用についてお話しします。
木津川にお住まいの方はぜひ参考にしてみてください。

 

□分譲住宅を購入する際の初期費用とは

model-house-pen-calculator

 

住宅を購入する場合、物件の価格以外にも様々な費用が初期費用としてかかってきます。
では、はじめに住宅を買う際にかかる初期費用にはどんな内容があるのかを知っておきましょう。
今回は特に、物件そのものの価格以外のものについてご紹介します。
物件の価格以外にかかる費用、いわゆる「諸費用」はいくつかあります。

1つ目は土地や建物を購入することに関わる費用です。
その中には、購入することを証明するための申し込み証拠金や、売主に支払う手付金、売買契約書に印紙という形で支払われる印紙税、仲介手数料などが含まれることを覚えておきましょう。

2つ目は住宅ローンに関わる費用です。
こちらには印紙税やローンの借入費用が含まれます。
ローンの借入費用の中には、事務手数料やローンの保証料、火災保険料などがあります。
金額は金融機関やローンの内容によって異なるので注意が必要です。
保険料に関しては、火災保険と同時に地震保険に加入することが必須となっており、保険料は20万円から50万円かかるのが目安ですが、保険に加入する時点で長期間分を一気に支払うと費用を節約できることを覚えておくと良いでしょう。

以上に挙げた費用の他にも、新居へ引っ越しをするための引っ越し費用や、新しく家具を買うという方は家具を購入するための費用など、様々な費用がかかります。
住宅購入をご検討される際は、これら諸費用についても考えておくことが必要です。

 

□初期費用の目安はどれくらいか

物件購入に関わる諸費用の合計は、部屋の大きさやローンの組み方によって変動します。
一般的には物件を購入する価格の5パーセントから10パーセントが目安となっているのを覚えておきましょう。
例えば、物件の購入価格が3000万円だった場合、初期費用の合計は150万円から300万円かかることを想定しておくと良いでしょう。

 

□まとめ

今回は住宅購入に関わる諸費用についてお話ししました。
物件を購入する際は、物件の価格の他にも様々な諸費用がかかります。
生活に支障をきたさない資金のやりくりを行うことをおすすめします。
木津川で分譲住宅の購入をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

*****************

注文住宅・分譲住宅・不動産売買・中古住宅・賃貸・仲介なら
KOSEI本社へ

リフォーム・リノベーションのことなら
州見台リフォーム営業所へ

TOP