木津川市でリフォームがしたい方必見!和室の断熱について解説します!

株式会社 KOSEI

0120-164-840

〒619-0202 京都府木津川市山城町平尾三所塚77番地3

営業時間:8:30~18:00

lv

木津川市でリフォームがしたい方必見!和室の断熱について解説します!

リフォーム

2020/09/19 木津川市でリフォームがしたい方必見!和室の断熱について解説します!

「和室に断熱の工事は可能なのか」
このように疑問に思っている方もいらっしゃると思います。
よく聞く断熱の話は洋室という方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は和室の断熱について説明します。
木津川市でリフォームを検討している方は一度ぜひご覧ください。

 

□断熱について解説

3-2

そもそも断熱とは何かをご存知ですか。

「住宅には断熱性が大切」
このような宣伝を聞いたことがあると思いますが、断熱の意味を知らないと何が大切なのか分からないですよね。
断熱とは外部との空気のやり取りがないことを指します。
断熱性があることで、室内の暖かい空気が室外へ出て行くことを防げます。

また、室外の冷たい空気が室内へ入ることもなくなるでしょう。
このような断熱性を上げる工事を行うと、空気が逃げにくくなりエアコンの効果が現れやすくなります。
つまり、暖房や冷房が効きやすくなります。
そのため、光熱費の節約にも繋がるでしょう。

しかし、少しでも隙間が生まれてしまうと断熱効果が薄まります。
そのため、工事を丁寧に行う業者を選ぶことが大切です。

 

□和室の断熱方法とは

上記では断熱について説明しました。
和室でも断熱工事を行うと快適な生活が送れるでしょう。
特に冬場では和室が非常に寒く感じます。
そのために和室と外の環境の空気がやり取りできないように断熱工事をする必要があります。

具体的には床や壁に断熱材を取り付けることです。
その際、床や壁を一度剥がしてから断熱材を直接固定するでしょう。
剥がしたものは再び取り付けます。

このような手法を内断熱と言います。
内断熱は費用が比較的抑えられ、施工が行いやすいです。
そのため、施工可能な業者も多く、工事を引き受けてもらいやすいでしょう。

しかし、施工が悪いと結露が発生する可能性があります。
住宅の内側にできた結露を放置しておくと住宅の木材部分が腐り、住宅の強度に影響を及ぼします。
万が一の地震や台風に耐えきれなくなる恐れがあるでしょう。

対策方法としては、断熱材にこだわることをおすすめします。
湿気が気になる場合、湿気に強い断熱材を使うことで、気にならなくなるでしょう。

 

□まとめ

今回は断熱とは何か、和室をリフォームする際の断熱工事について解説しました。
断熱性を高めることで住みやすい住宅になるでしょう。
「木津川市で住宅をリフォームしたい」
このように考えている方がいらっしゃいましたら、ぜひ当社にご相談ください。
皆様からのお問い合せを心からお待ちしております。

 

 

*****************

注文住宅・分譲住宅・不動産売買・中古住宅・賃貸・仲介なら
KOSEI本社へ

リフォーム・リノベーションのことなら
州見台リフォーム営業所へ

TOP