木津川市の分譲住宅業者が解説!住宅の維持費について!

株式会社 KOSEI

0120-164-840

〒619-0202 京都府木津川市山城町平尾三所塚77番地3

営業時間:8:30~18:00

lv

木津川市の分譲住宅業者が解説!住宅の維持費について!

新築のこと

2020/09/27 木津川市の分譲住宅業者が解説!住宅の維持費について!

分譲住宅の購入を考えている際に、1番に気になるのは金額ではないでしょうか。

家を購入するためには多額のお金が必要となります。

さらに、購入してからもお金がかかるでしょう。
そこで今回は分譲住宅の維持費について解説します。
木津川市在住の方はぜひご覧ください。

 

□維持費の種類を説明

8-1

 

分譲住宅を購入する場合、どのような費用がかかるのかご存知ですか。
住宅の購入費以外に維持費というものがかかります。
維持費にはどのような種類があるのでしょうか。

 

*税金について

住宅に住み続けるためには税金を納める必要があります。
主な税金は2種類があります。
以下で詳しく見ていきましょう。

1つ目は固定資産税です。
固定資産税は土地だけではなく、不動産の償却資産にも課される税金のことを指します。
不動産は時間の経過や使用によって価値が次第に減少する資産です。
そのため、固定資産税の額は一定ではありません。

さらに、住む地域によっては減額が可能な場合もあるため、事前に調べましょう。

2つ目は都市計画税です。

都市計画税とは住んでいる地域が都市開発を行うためや土地の区画管理を行うために集められる税金のことです。
自身の住んでいる地域をより良くするために徴収されていると考えましょう。
所有している土地と建物に掛けられます。
しかし、都市計画法で定められた地域に住む場合のみ、課せられるでしょう。

 

*諸経費について

維持費には税金以外にも諸経費が含まれます。
諸経費にもいくつか種類があるため、見ていきましょう。

1つ目は修繕費です。
住宅は建てられてから時間が経つと劣化が生じます。
その劣化を放置し続けると、手の施しようがなくなるほど住宅がもろくなるでしょう。
そのため、定期的な修繕をする必要があります。

その修繕には外壁塗装や屋根のリフォームなどが挙げられます。
住む地域の環境が大きく影響しますが、一般的な塗料の寿命が10年と言われています。
そのため、その時期には修繕すると良いでしょう。

2つ目は保険料です。
いつ住宅が地震や火災に見舞われるか分かりません。
そのため、多くの方が地震保険や火災保険に加入しているのでしょう。
保険料の平均は1万円から2万円程度と言われています。

オプションを付けるとさらに保険料が上がります。
万が一のために備えることが大切です。

 

□まとめ

今回は分譲住宅にかかる維持費である税金と諸経費について解説しました。
税金は義務のため、必ず支払いましょう。
諸経費もできるだけお金をかけたくないからと言って、省くと住宅の劣化を進めます。
木津川市で分譲住宅を検討している方は一度当社にお問い合わせください。

 

 

*****************

注文住宅・分譲住宅・不動産売買・中古住宅・賃貸・仲介なら
KOSEI本社へ

リフォーム・リノベーションのことなら
州見台リフォーム営業所へ

TOP