断熱リフォーム「ハウスINハウス」はこんな方にオススメ!その2

株式会社 KOSEI

0120-164-840

〒619-0202 京都府木津川市山城町平尾三所塚77番地3

営業時間:8:30~18:00

lv

断熱リフォーム「ハウスINハウス」はこんな方にオススメ!その2

リフォーム

2020/11/27 断熱リフォーム「ハウスINハウス」はこんな方にオススメ!その2

170111hih%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%882_page-0001

たとえば昔ながらの寒い家で、居間だけストーブで温めて、廊下や脱衣所は寒いままという状態(部分間欠暖房)は、家の中の大きな温度差が循環器に大きな負担となります。

この温度差による急激な血圧の変化をヒートショックと言い、ヒートショックが原因の入浴時死亡者数は、実に交通事故の死亡者数の約4.4倍にもなるという調査結果も出ています。日本でのヒートショックによる死亡者数は欧米各国やお隣の韓国と比較しても特に多く、日本の住宅の断熱性能の低さと部分間欠暖房の文化が大きな要因と指摘されています。

150828hih_web%e7%b4%a0%e6%9d%90_%e5%81%a5%e5%ba%b7%e7%b7%a801-%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95

 

ヒートショックを防ぐためには、室内の温度差をなくすことが重要です。断熱性能を高めれば、廊下や脱衣所も含めて室温が保ちやすく一定になるため、身体への負担、家の中での危険が軽減できます。

コーセーホームでは、断熱リフォーム“ハウスINハウス”で暑さ、寒さを我慢しない快適で健康な暮らしをご提案しております。

 

%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9%e3%81%a1%e3%82%89%e3%81%97_page-0001-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

ハウスINハウスの詳細はこちら

ハウスINハウスでは、網の目状の枠に隙間なく充填された断熱材を合板でサンドした、どこを切っても強度と高い断熱性が保て、気密をとりやすいオリジナルパネルを使用しています。既存の壁は壊さず、生活空間をすっぽり覆うように既存の天井・壁・床の内側にパネルを貼ります。施工も簡単なので、工期が短く、費用も抑えられます。

%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%b8%e3%83%8a%e3%83%ab%e3%83%91%e3%83%8d%e3%83%ab

また断熱工事とあわせて、水回りの快適フルリフォームをセットにしたプランを基本パックとしてご提案しています。

基本パック498万円(税抜)には、23.5畳相当の室内と水回りの断熱工事、間仕切り変更、仕上げ工事、システムキッチン・浴室・洗面台・トイレの設備の交換工事が含まれています。

(※建材の価格変動や地域により異なることがあります。※照明器具や計画設計費用は含まれません。)

150109%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e3%83%91%e3%83%83%e3%82%af02

 

ヒートショックは寒冷地での発生が多いと思われがちですが、実は違います。西日本や太平洋側でも発生率の高い地域があり、逆に北海道などではむしろ発生率は低くなっています。これには住宅の断熱性能が大きく関係していると考えられます。北海道では断熱性能の高い全館暖房の家が多いため、家の中でも温度が一定に保たれているのです。

寒い家でお悩みの方は、ぜひ一度お住まいの断熱化についてお気軽にご相談ください。ハウスINハウスの工法や費用、工期などについてもお問合せお待ちしております。

 

断熱リフォーム「ハウスINハウス」はこんな方にオススメその3

 

問い合わせ:コーセーホーム州見台営業所(リフォーム・リノベーション事業部)

フリーダイヤル:0120-293-937(火曜・水曜定休)

e-mail:kunimidai@kosei-house.co.jp

 

 

TOP