木津川市で注文住宅をご検討の方必見!ランニングコストについてご紹介します

株式会社 KOSEI

0120-164-840

〒619-0202 京都府木津川市山城町平尾三所塚77番地3

営業時間:8:30~18:00

lv

木津川市で注文住宅をご検討の方必見!ランニングコストについてご紹介します

新築のこと

2021/04/07 木津川市で注文住宅をご検討の方必見!ランニングコストについてご紹介します

「そろそろ注文住宅を建てたいけれど、ランニングコストはどのくらいかかるだろうか。」
木津川市で注文住宅を検討している方で、このように思っている方はいませんか。
この記事では、住宅にかかるランニングコストについて紹介しています。
ぜひ参考にしてください。

 

□ランニングコストの種類は?

 

3184947_s

 

 

支払いが必要なランニングコストはさまざまです。
この章では、その中でも代表的なコストを3つ紹介します。

まず1つ目は、固定資産税です。
不動産所有にあたり、必ず支払いが必要になるのが固定資産税です。
一軒家は、マンションと比較すると固定資産税の額は低く見積もられることが多いです。
かかる費用は土地や地域によって異なるので、希望のエリアにかかる費用を調べてみてください。

次に2つ目は、保険料の支払いです。
保険料は、火災保険から地震保険、家財保険といったものまで幅広くあります。
マイホームは長く住むことになるため、補償が受けられるようできる限り保険に加入しておきましょう。
金額は各保険で年間数万円であることが一般的ですが、補償の内容によっては金額も変わってくるので、専門の保険窓口にお問い合わせください。

最後に3つ目は、光熱費です。
これは生活を営むために必要な、水道や電気にかかる費用です。
費用の相場は、家族構成や日々のライフスタイルによって変化します。
そのため予算を見積もる際は、現在かかっている光熱費をそのまま計上してください。

 

□ランニングコストを抑えるコツ!

 

img_3998

 

ランニングコストは、少し工夫するだけで大きく削減できます。
この章では、建物のつくりによって光熱費を抑える方法を2つ紹介します。

まず1つ目は、間取りをシンプルかつコンパクトな設計にすることです。
部屋が多くなると、それぞれの部屋に冷暖房設備や照明を取り付ける必要があります。
そのため、部屋数に伴ってランニングコストも高くなってしまうといえるでしょう。
また仕切りの少ないオープンな間取りにすることで、風通しが良くなり、光熱費を削減できます。

次に2つ目は、しっかりとした軒をつくることです。
建物が軒に覆われることで、雨風による外壁の汚れを回避できます。
外壁のメンテナンスにかかる維持費用は高いため、雨や雪が多く降る地域においては特に軒の存在が重要といえるでしょう。
また、軒は直射日光を防ぐ効果や、暖められた熱気を室外へ逃がす効果もあります。

 

□まとめ

今回は、ランニングコストの内訳や費用を抑えるコツを紹介しました。
必要な費用が分かれば、資産計画が立てやすくなります。
注文住宅の購入を考えている方は、この記事を参考にしてみてください。

 

 

*****************

注文住宅・分譲住宅・不動産売買・中古住宅・賃貸・仲介なら
KOSEI本社へ

リフォーム・リノベーションのことなら
州見台リフォーム営業所へ

TOP